僧侶派遣は僧侶派遣会社がおすすめ!【まずは事務局に相談】

僧侶派遣サービスについて

一般的に、お坊さんを呼ぶためには、お客さんが葬儀屋に依頼するといった流れでした。しかし、最近では依頼をもっとスムーズにしようとするサービスが生まれたのです。それはネットの僧侶派遣のサービスです。様々な宗派の僧侶が登録しているため、故人の宗派に合わせて派遣することも可能です。

お坊さんを僧侶派遣サービスで呼んでみよう

お坊さん

戒名とは

亡くなった人に与えられる名前を、戒名(かいみょう)と言います。基本的には僧侶に付けてもらいますが、特に宗教に属してない場合は自作しても問題ありません。ただし菩提寺がある場合は、必ず相談しなければならないので、注意しなければなりません。

手

事前にお布施の金額がわかる

一般的にお布施は特定の金額を渡す必要がありませんが、それが逆に、どうすれば良いのか困ってしまう話がよくあります。僧侶派遣サービスではあらかじめ支払う料金が決まっているため、とても依頼しやすいと言われています。

複数の人

日程の調整がやりやすい

菩提寺に勤めているお坊さんの場合は、都合が合わない場合、日程を調整する必要があります。しかし、僧侶派遣サービスならば自分で都合の良い日程に調整することが出来ます。もちろん、お盆などの時期には依頼が殺到するため、希望する日程に来てもらうのが難しい可能性があります。

男性

各宗派が揃っている

僧侶派遣サービスは、浄土真宗や真言宗など、ほどんどの仏教宗派に対応が可能になっています。それだけではなく、キリスト教の牧師や神父も派遣している僧侶派遣サービスもあります。そのため、自分の宗派にあった僧侶を依頼することも可能です。

葬儀が終わるまでの流れ

合掌

ご臨終

まず葬儀場に病院の場所を伝えます。同時に、担当医師に死亡診断書を書いてもらいましょう。死亡診断書は、火葬をする場合に必要になります。相続税の申告などに必要になるため、2~3通ほど書いてもらいましょう。

安置

死去から24時間は火葬することは出来ません。そのため、寝台車で運送して何処かに安置してもらいます。もしも可能ならば自宅、難しい場合は葬儀社の施設に安置します。それ以外ならば、民間の保管所に預けることが出来ます。

葬儀

喪主や世話役を決めるために打ち合わせはしておきましょう。その後に、死亡診断書を葬儀屋に渡し、死亡届や火葬許可証などの手続きをお願いしましょう。故人の職場や学校などの関係者へ連絡して、喪服、供花、供物などを準備しておきます。

火葬

火葬の際は、ご遺体は綺麗にして死装束へと着替えます。故人と関わりのあるものを棺に入れて一緒に燃やします。入れたいものがあれば準備しておきましょう。ただし、分厚い物や金属やプラスチックなどの燃えにくい物は入れてはいけません。

家族葬が選ばれている

家族葬は、故人の親族や知人のみを限定に葬儀を行うことです。小規模な葬儀のやり方ですが、静かに葬儀をやりたいと思ってる方が多いのか、現代では家族葬を選ぶ方がかなり多いようです。

遺品や老後でお悩みの方はこちら

ダンボール

遺品整理について知ろう

遺品整理に困っていませんか?遺品整理業者に依頼すれば、トラブルを起こすことなく、お部屋の整理整頓をすることが出来ます。具体的な作業内容やおこなっているサービスなどを知りたい方は、確認してみましょう。

詳細を確認する
老人

終活セミナーを学ぼう

就活セミナーは、エンディングノートの使い方や、介護を始めとした老後の生活での悩みや疑問について詳しく説明をしています。セミナーの内容や、老後でお悩みの方は是非チェックしてみましょう。

詳細を確認する

[PR]
終活セミナーに参加しよう
周辺整理に欠かせない知識が学べる

[PR]
遺品整理業者を東京で利用しよう
不用品処分がスムーズに進む

[PR]
遺品整理を福岡の業者に依頼
粗大ゴミの回収を対応してくれる